まつげエクステに警告

眼科医が警告したまつげエクステの影響

まつげエクステは、お洒落をする方にとっては魅力的なものではありますが、施術に対しては注意が必要です。
目の周りのデリケートな部分に触れるわけですから、角膜への影響などが懸念されています。
接着剤によるまぶたなどの皮膚のダメージや、角膜の炎症などトラブルになる危険性があることを眼科医が警告しています。
眼科医実際、トラブルの報告件数も増加傾向にあります。
トラブルの主な内容としては、まぶたの腫れ・角膜やまぶたの炎症などで、最悪の場合ですと角膜障害を起こす、逆さまつげになる、あるいはまつげが全てなくなってしまうという状態になってしまいます。
大きな問題点として挙げられるのが、きちんと資格を持った方が施術を行っているかどうかにあります。
目の周りの皮膚は、体の中でも非常にデリケートな部分のひとつでありますから、細心の注意を持って扱う必要があるのです。
もしも施術を受ける場合は、接着剤や器具による刺激などで何らかのトラブルが起こりえることを頭に入れておくようにしましょう。
また、トラブルに対応してくれるのかどうかも事前にしっかりと確認する必要があります。
施術後、問題が発生したらただちに眼科医の診断を受けるようにしてください。
まつげエクステについては、できるだけ慎重に考えるようにしましょう。