まつげエクステに警告

カラコンが目に悪い理由

カラコンは角膜に直接装着するものなので、注意をして慎重に装着をしなければ、目を傷つけてしまうことがあります。
その理由は、カラコンは普通のコンタクトレンズよりも酸素透過性がとても悪いということが考えられます。
カラコン酸素が行き届かないために、角膜を傷つけてしまったりと感染の原因になることもあるのです。
また、目が酸素不足になり角膜が腫れてしまったり、それによって見え方が悪くなり、視力が落ちるということも考えられます。
カラコンを装着するためには、日々のケアが必要になります。
今では1dayのレンズもありますが、ケアをサボってしまい、何日も続けて装着をするとばい菌やカビが生えたり、雑菌も発生します。
その菌が目に入ってしまい、目に悪い状態を与えてしまいます。
また、アイシャドーやマスカラなどの化粧品やホコリがカラコンに付いてしまったり、カラコンを表裏逆に装着をしてしまうと、眼球が傷ついてしまうということがあります。
目が傷つくだけでしたらまだよいのですが、失明に至ることも少なくありません。
そのようなことにならないためには、しっかりと使用方法を知り、またカラコンの期限を必ず守って装着をするということが大切です